閉じる
【裏2CH】トップページへ戻る  一番下にジャンプ  裏2chトップページ   >   心と身体   >   HIVサロン     全部表示 最新50件
  画像を常に表示  

HIV感染者の実情

 1 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/02/26(金) 11:47:57

実生活とかどうなん?
 2 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/03/21(日) 01:47:05

日本人は、記にしていないようですが、世界で次感染の増加率がもっとも高い国は、日本です
風俗であそんでいるアナタは確実に感染しています
10代の感染者数は10年で16倍
 3 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/03/22(月) 01:30:52

感染者が分かっていてワザと風俗で遊んでたら…
公表すべきだ!
 4 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/05/28(金) 02:22:41

厚生労働省のエイズ動向委員会の岩本愛吉委員長(東大医科学研究所教授)は5月27日、
2009年のエイズ発生動向の概要について発表した。09年の年間報告(確定値)によると、
新規HIV感染者は過去最高だった08年の1126件から105件減の 1021件で、新規AIDS患者は過去最高だった08年と同数の431件だった。

保健所などにおけるHIV抗体検査件数は15万252件で、前年比2万6904件減だった。
岩本委員長は、新規HIV感染者の報告数と検査件数の減少について、
「一見、同期しているように見えるが、それが本当に同期しているのか、
検査が減ったから感染者の報告も減ったのかということに関して、
まだ結論付けるのは早いというのが動向委員会の委員の考えだ」と述べた。

また、新規のHIV 感染者とAIDS患者に占めるAIDS患者の割合が、
08年の27.7%から09年は29.7%に増加している点について岩本委員長は、
「エイズを発症して感染が見つかる方の数が増えている。
まず、検査機会などを利用して早めに治療してもらうことが非常に大事と思っている」と強調。

さらに、地域ブロック別の患者の新規報告数で、
「東京を中心とした関東ブロック等では、エイズ報告数は減少あるいは頭打ちの傾向を示しているのに、
近畿、九州でエイズとして発見される方々が増えていることは非常に問題が大きい」と述べ、
検査機会が十分なのかなど原因を精査する必要性を指摘した。
ttp://www.cabrain.net/news/article/newsId/27817.html

 5 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/05/28(金) 12:26:43

HIV抗体検査件数は15万252件
多いのか少ないのか分からないが新規のHIVキャリア1021+431=1452だと
1日に約4人の感染者が新たに判明していることになるな
 6 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/05/28(金) 20:12:27

都内保健所では無料HIV検査の受検者の約8割が40歳未満なのに、
東京の新規エイズ患者は約6割が40歳以上
ttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/aids/press/

 7 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/06/17(木) 05:58:43

厚生労働省のエイズ動向委員会の岩本愛吉委員長(東大医科学研究所教授)は5月27日、
2009年のエイズ発生動向の概要について発表した。09年の年間報告(確定値)によると、
新規HIV感染者は過去最高だった08年の1126件から105件減の 1021件で、新規AIDS患者は過去最高だった08年と同数の431件だった。

保健所などにおけるHIV抗体検査件数は15万252件で、前年比2万6904件減だった。
岩本委員長は、新規HIV感染者の報告数と検査件数の減少について、
「一見、同期しているように見えるが、それが本当に同期しているのか、
検査が減ったから感染者の報告も減ったのかということに関して、
まだ結論付けるのは早いというのが動向委員会の委員の考えだ」と述べた。

また、新規のHIV 感染者とAIDS患者に占めるAIDS患者の割合が、
08年の27.7%から09年は29.7%に増加している点について岩本委員長は、
「エイズを発症して感染が見つかる方の数が増えている。
まず、検査機会などを利用して早めに治療してもらうことが非常に大事と思っている」と強調。

さらに、地域ブロック別の患者の新規報告数で、
「東京を中心とした関東ブロック等では、エイズ報告数は減少あるいは頭打ちの傾向を示しているのに、
近畿、九州でエイズとして発見される方々が増えていることは非常に問題が大きい」と述べ、
検査機会が十分なのかなど原因を精査する必要性を指摘した。
ttp://www.cabrain.net/news/article/newsId/27817.html


 8 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2010/06/17(木) 06:19:59

3人の妻、1人の内縁妻、1人のフィアンセ、総計20人の子供を持つ南アフリカの
大統領ジェイコブ・ズマ。来年の6月末までにHIV検査受診者1500万人を目指す
というキャンペーンでズマ大統領もテスト対象者となった。果たして結果は?

4月8日、ズマ大統領は4度目の検査を受けた。そしてその結果をヨハネスブルグ
にあるナタルスプラウト病院で公開した。

「慎重に考慮した結果、私の検査結果を全ての南アフリカ国民と分かち合おうと
決意した。HIV検査結果は・・・ネガティブである。」と述べると、拍手が沸き起こっ
た。さらに、過去3回のテストも陰性であることを発表。過去にHIV陽性の女性を
レイプし、「レイプ後すぐにシャワーを浴びたので大丈夫。」と堂々と発言した
ズマ大統領。今回の結果を公表したのもネガティブであったからだと言われている。

HIVネガティブである今、ズマ大統領の演説も大胆になっている。
「検査の結果を無理やり公表する必要もない。全ての人にプライバシーと尊厳
は与えられるべきだ。」
「南アフリカ国民はHIV検査の結果を尊重するべきであり、陽性、陰性にかか
わらずHIV感染拡大を抑えるために共に助け合うべきである。」
「HIVは犯罪ではなく、もはや死の宣告でもなくなった。」
など、HIV陽性の人々を保護する発言が目立った。

現在、HIV/Aidsの感染を防ぐための国家対策として10億個のコンドームが散
布されている。今回のキャンペーンを通じてのメリットとしてHIV/Aids教育向上、
HIV保持者の人権や尊厳の助長などが挙げられる。また、『病気の多い国』とい
う汚名、マイナスイメージの払拭も試みている。保健省はARV(抗レトロウイ
ルス薬)治療を行う施設が500から1000施設に増えたことを発表、HIV/Aids検
査を積極的に受けていこうと推進した。

HIVネガティブと判明した今、ズマ大統領に怖いものはない。
(TechinsightJapan編集部 近藤仁美)
http://news.livedoor.com/article/detail/4743326/

 9 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2013/02/25(月) 21:24:21

怖くて発展出来ない
 10 中国のケース:2014/12/15(月) 10:07:52

中国で10代男性のエイズ患者急増中 興味半分の交渉が原因か

中国でエイズ患者が増加している。1985年1月から今年10月までの間で、中国全土でエイズ患者は累計で50万人を超え、そのうち15万人が死亡している。
エイズ感染の原因の95%は性行為によるものだが、そのうち75%の患者はホモセクシャルで、とくに15歳から19歳までの未成年の男子が最も多く、エイズ患者の半数はこの年代で、最年少は14歳だったという。中国各紙が報じた。
中国のエイズ患者は全国的にまんべんなく広がっているが、それでも北京や上海などの大都市部に多く、年齢も10代の男子が急増している。
これはネットの発達によって、おもしろ半分にホモセクシャルの世界に入る高校生や大学生が多いことを物語っている。
北京では今年10月までのほぼ30年間の累計で18635人がエイズに罹患しているが、今年に入って2932人と急激に増えている。このうちの73.5%がホモセクシャルだ。
これは全国的な傾向で、河北省ではエイズ患者は今年だけで9601人だが、そのうちの89.5%がホモセクシャルで、河南省では同じくエイズ患者の96.3%を占めている。
中国衛生省関係者によると、上海のホモセクシャルは10万人を超えており、高校生や大学生が興味半分に交渉を持つなどして、エイズに感染するケールがあとを絶たない。
ホモセクシャルは北京や上海など大都市に居住する教育程度の高い男性に多く、成人男性のうち8割が既婚者で、知らず知らずのうちに、配偶者も夫との性行為によってエイズに罹患するケースが多くなっている。
http://www.news-postseven.com/archives/20141213_291231.html
 11 名無しさん(σ゚ロ゚)σ:2015/01/15(木) 07:10:12

こういう復讐って…

http://pbs.twimg.com/media/BgMVlW3CQAApVJP.jpg
名前:
E-mail:
画像:
削除パス:
認証:

画像認証とは?
トリップ(trip) 付きの【名人】レベル以上の方は入力不要です。
【名人】以上なのに酉「#」を付けられていない方は、 こちら から変更依頼が出せます。
SAGATTO<サガット>のブログ  ♪ プロ固定は逝って下さい ♪ ●不買運動実施中 ♪